巨乳小学生

私が中学生の時の話ですが、友人の家の向かいの家に小学生の女の子が居たんですが、小学生と言うのに胸の大きさは大人もびっくりする位の大きさで(友人の母親とかが近所の人達と話している時「○○ちゃんほんと大きな胸してるはね、私達ずっと大きい」など言われる位)私もその頃から巨乳好きだったので、その子を見るたびにチ○コが反射的に大きくなっていました。

その頃は友人の家に行く時はその巨乳小学生を見るのが楽しみで、暫らくしてからその巨乳小学生とも話をしたりするようになり、そしてある夏の日何時ものように友人の家に他の友人3人で遊びに行くと、巨乳小学生が妹と外に座って飼っているイヌを触っていたので、私は何時ものように「チーす」声をかけ2人の方へ近付いて座っている巨乳小学生の側で視線を下げ下を向くと、少し胸元が伸びたTシャツの中に巨乳小学生の立派な谷間と今にもサキッポまで見えそうな絶景が目に飛び込んできた。

なんとノーブラだったのです。

私は2人と話を続けながらも目線は胸元を見続けていたその時、巨乳小学生が体制を更に前屈みにした時遂にサキッポまでが見え、それから2回ほどチラ、チラと時間にして10秒位ですがとても興奮しました。
暫らくして巨乳小学生と別れた後友人の1人が「今の子見た、大きなおっぱい丸見えだっただろ」と言い出したのをきっかけに話は盛り上がり、巨乳小学生はすっかりアイドル的存在になっていた。
それからもこの巨乳小学生は相変わらずノーブラで友人の家に遊びに行った時は皆で側に行き胸元を覗いてはチ○コをビ○ビンにさせながら後で感想を語り合ったりしていました。

そして話は飛びますが、私が入学した高校にこの巨乳小学生を知っている先輩がいて、その先輩も巨乳小学生の近所に住んでいて、同じ学習熟に通っていたそうで、夏休みとかになると先生の助手の様な形で小学生に教えてあげたりしてたそうで、その中に巨乳小学生が居てやはりノーブラだったそうで、見てあげているフリをしながらずっと覗いていて、ピンク色の乳輪が見えた時にはタマラズに途中でトイレに行き発射する事もしばしばあったみたいです。

そして授業が終わり皆が帰る時に狭い机の間で巨乳小学生とすれ違う時大きなおっぱいが体に触れた時ナントも言えない柔らかい感触が凄く良かったそうです。
それからも巨乳小学生を見るため夏休みも友人の家の方へ毎日と言って良いくらい足を運んでいたんですが、谷間がチラットと言う日があれば良い方で後は首の部分がピッタシの服とかで、友人達と「もう一度あのおっぱい見てー」とか言いながらも、巨乳小学生を見れない日よりはマシと言うか、服の上からでもピッタシ目のTシャツとかなら、胸の張り出し具合、形、ノーブラなので乳首のサキッポがプチと出ていて、そちらの方も充分に興奮できました。

今思うとあの大きさでノーブラなのに、ぱんぱんに前に張り出たおっぱいは、あの年齢で無いと見れないと思うのですが?トニカク歩く度に大きなおっぱいが、ぷるぷると揺れる度にびんびん度も増し、家に帰るまで我慢できない事もしばしば、ある時近所のショッピングモールで姉と買い物に行くと、巨乳小学生が母親と買い物に来ていて、その時はタンクトップを着てやはりノーブラで体にピッタシのタイプだったので、もうおっぱいがを見ただけでムラムラしてしまいました。

そして買い物中も気になって時々見ていると、周りに居たオッサン達も胸の方へ目線が行くとビックリした様に見ていて中でも60歳位のオッサンが10秒位目線を止めて真剣に見ていた。
「小学生であの大きさはオッサン達でも見ただけで興奮させる位大きなおっぱいです」

私達の住んでいる所に有る風呂屋さんが月に一回半額で入れる日があって、普段行かない人もその日だけは風呂屋に行きます。
そしてその日近所の友人と風呂屋に行くと、巨乳小学生が帰ろうとしている時に出会った時の事なんですが、風呂上りの巨乳小学生の着ていたTシャツはパジャマ代わりの物なのか、使い古した少しヨレヨレのTシャツで袖の部分を半分ほど切り落としていました。

その時少しだけ話をしたんですが、靴を下駄箱にしまおうとして、巨乳小学生の横に並んだ時、袖の部分に目を向けると、おっぱいの横の部分が見え膨らみの横からの形が袖の中に3分の1位見え、巨乳小学生が履いて来たサンダルを履こうと下を向き前屈みになった時の一瞬ですが、ヨレヨレのTシャツがダラーんとなり斜め後ろから横乳の状態で薄いピンクの乳首に乳輪が見えた時、友人が巨乳小学生に

「何か付いてるよ!」

と髪の毛の部分に手を伸ばすと巨乳小学生はそのままの姿勢でとまったので、その間の何秒かおっぱいが下に伸びた状態で止まったまま袖の隙間から見えてました、それは良いとして、よく見ると友人は自分も前屈みになり至近距離でおっぱいを見ていた。
後で友人に問うと、「バレてた、マジでイイおっぱいしてるよ、ア~あのおっぱい吸いてー」と話はしてたのですが、見るのは始めての友人は風呂に入っててもビンビンでかなり興奮して、「又見に行こう」とかなり気に入った様子でした。

ある日友人がゲームソフトを購入したので皆でしようと家に行くと巨乳小学生とその友達と出会い今から皆でゲームする事を告げると、「したい」と言うので、友人の所で一緒にする事になりました。
そして友人の部屋に巨乳小学生とその友人に、私の友人が2人の5人で遊んでたんですが、私を初め男三人は二人の女の子が気になってしょうがありませんでした。二人ともノースリーブだったんですが、巨乳小学生は相変わらず大きなおっぱいの形が分かる位のピッタシで、その友達の方は、そんなにおっぱいは大きく無かったんですが、大きくないのでゲームをしている時に立ち上がり下を向くと、胸元を覗くと、おっぱいが丸見え(この子もノーブラ)で、乳首がチラチラと見えてました。

そしてゲームをある程度すると、皆で一緒に出来ないので、「トランプでもしょう」と言う事になり特に7並べの時は置く場所により、前屈みの体制になるので、巨乳小学生は立派な谷間が「だら~ん」と見え、その友達は前屈みになると開いた胸元から「おっぱいが丸見え」で、ずっとチ○コはびんびんでした。

そして何回かすると負けた者に、「しっぺ」(指で手の甲をたたく)をしてたんですが、女の子二人は「痛いと可愛そうなので、「こそばす」事にしたんですが、これがとんでもない事になってしまうんです!
女の子二人が負けた時、こそばすんですが、こそばしながら体に触れていると、興奮してきて必要以上に女の子に触れだした時、巨乳小学生をこそばしていると、逃げ出そうとするので、友人が手を伸ばし逃げようとする巨乳小学生の服を持った瞬間、片ヒモも部分が片より外れおっぱいが見えそうになった時、友人の一人がそのまま巨乳小学生の両方の片ヒモの部分を下に引き下げてしまい、次の瞬間

 ぷるん と大きくて真白、そしてピンク色大き目の乳輪が飛び出してきた。

そしてその飛び出した大きなおっぱいに友人が手を出し揉み出すと「イヤー」っと巨乳小学生が大きな声を出したので私達男は我に返り、すぐに誤った。それから気まずくなり、巨乳小学生と喋る事が当分無くなってしまいました。
しかしあの時の「二人生のおっぱい」を思い出すと今でも凄く興奮します。この世の中に法律とかが無かったら、あのおっぱいにしゃぶりついていたでしょう。
それから暫らくは巨乳小学生とも会話する事も無いままで、巨乳小学生は巨乳中学生になり中学の後輩となりました。

マイスターオリジナル vol.321 マイスターオリジナル vol.329 マイスターオリジナル vol.319 マイスターオリジナル vol.330 マイスターオリジナル vol.333 マイスターオリジナル vol.334

コメントを残す