掃除の担当が階段になった

中2の頃、昼休みの後の掃除の担当が階段になった。
自分が担当する階段は二階と三階を繋ぐもので、三階は三年生の教室がずっとあるエリア

掃除の時間は基本的に人は通らず、担当も自分ひとりだったからずっと静かにほうきをかけて、雑巾で拭くだけだった。

所がある日ぐらいから気になりだした。
掃除の時間、おそらくゴミを捨てる為に三年生がゴミ箱をもって焼却炉に行く為に、階段を通る事を(勿論往復)

そして何故か、ゴミを捨てるのはほとんどが女子生徒
よからぬ事を考え出してしまった

当然、掃除の時間だから他に人はいない
階段だから他の場所からは基本的に死角
そして毎回通る女子生徒×5クラス

もう、我慢できず頭に思った事を実行してしまった
まず、掃除の時間になったら速攻でほうきがけを片づける
そして雑巾がけもさっさと大方終わらせる

そしてそれからは、ポジショニングを定め、獲物が通りがかるのを待つ

女子生徒が通ったら胸がドキドキしながら、さっと下を拭いてるふりをして覗きこむ
意外と最初の頃は簡単には覗けなかった、見えそうで見えない

もっと頭を深く下げる。ポジショニングを修正してみる。斜めの方が良いのかな?
覗きこむタイミングは?いろいろ思考錯誤を重ねるようになった

様々な思考錯誤の結果
とうとう見たかったものが見えた

始めて見えたのは薄い水色。今でも良く覚えてる。
先輩のパンツを覗いたとすっげー興奮した。
放課後、その先輩の顔をたまたま見ただけで興奮し、
とても我慢しきれず、近所の公園のトイレで抜いて帰った

それから、毎日掃除の時間が楽しみになった

掃除の時間、三年生の女子が通れば
雑巾がけのふりをして覗きこむ

この単純な行為の成功率がどんどんあがった
一日に複数の女子のものを覗き見ることに成功した日もあった

まずごみを持って降りるときにしっかりと顔を見て予想を立てる
そして実際に確認する、白、水色、ピンク、etc
先輩たちのパンツローテーションもある程度わかるようになってしまった

特に最初に覗いた先輩は水色が多かった
ベストなポジションで靴下を上げ直すなど
無防備で覗きやすい人でも多く、いつも楽しみだった

ある日、水色の先輩は何故か2人でゴミ箱を運んでいた
特に重かったのだろうか?

まあ、覗く分には問題ない。どうせなら2人同時に覗いてやろう。
今まで一回もばれず、成功率も上がり変な自信を付けていたのが仇となった
案の定、覗きこんだとき、もう一人の女子にばれた…

「………」
何かを言われるわけでもなく、ただ時が止まった…
「(……もう終わった。もう覗く事は出来ないだろうし、噂になってしまうだろう)」
内心そう思い、( ゚д゚)ポカーンとしてる自分をしり目に
水色の人は「行こう…」と行っただけで立ち去って行った

自分は一応、学校じゃ成績上位の優等生の類だった
そういう理由で学級委員長も押し付けられてる

「あいつ掃除でパンツ覗いてたらしいぜ」とか格好の餌食になるのだろうと
思ったのだけど、どうもそんな雰囲気はない
あの二人は他の人には何も言ってないのか?

そう疑問に感じつつも、覗くのはもうやめた掃除の時間に
水色の人が通ると、物凄い気まずさだけがやってくる

そうこうしてるうちに、掃除の登板場所も変わってしまった

階段での覗き行為が出来なくなった中
数少ない楽しみだったのが、体育館である全校集会の類

自分は学級院長だから、一番前にならんでクラスメートに
「前にならえ、なおれ」と指示を出す係

最後に座らせる時もさも当り前のように列を確認してるけど
本当の視線は女子生徒、大体一人か二人は必ず見える。
その中で見え易い女子というのは体育座りをしようとして、
座ってからスカートを回して見えないようにしようとする。
だから、最初から見てるとほぼモロ見える。
ただ、そういう事をする女子はそんなに多くない。

そんなある日の全校集会
自分の列でなく、隣の列に釘づけになってしまった
体育座りでほとんど隠し切れてない人がいる
隣の列というと、三年生…。そしてパンツの色は水色だった

普段は極力視線を読まれないようにさらっと覗いてたけど
この時はちょっとガン見になってしまってたらしい
案の定、視線があってしまった。水色の人と。

にやっと笑った表情で、やや上目遣いだった

自分はまた軽くきょどってしまい、前を向いて座った…

その日の放課後、水色の人とたまたま同じ信号待ちになった。
そしたらさらっと話しかけてきた
(名札を見ながら)「○○君って本当に覗くの好きだよね」

「な、何をですか…」
きょどりながら言い返すのが精一杯だった
「ふーん」と言いながら、笑い顔を残して水色の人は立ち去って行った

自分は内心「先輩こそ、水色が好きですね」と言い返したかったが
流石にそんな度胸はなく、また始めての時のトイレで抜いて帰った

マイスターオリジナル vol.321 マイスターオリジナル vol.329 マイスターオリジナル vol.319 マイスターオリジナル vol.330 マイスターオリジナル vol.333 マイスターオリジナル vol.334

コメントを残す