公民館のキッズルームで…

昨日、1歳の息子と、公民館のキッズルームで這いつくばって遊んでたんだ。フローリング風のクッションフロアがすごく清潔で、床暖房もあってめっちゃ快適。ボールプールやウレタン製の特大ブロック、やわらか動物なんかがいっぱいある。買ったばっかの一眼でバシバシとりまくって、幸せな時間を過ごしてた。

そしたら、過去2回ほど、息子の相手してくれた女の子が来て、声かけてくれた。めっちゃ可愛い、美少女といって差し支えない感じの女の子だ。(純日本人だが)トリンドルちゃん、あるいはちょっと成長した愛菜ちゃん、はたまたコミック初登場時のブルマみたいなイメージの、やわらかそうな天使ガール。

息子の名前おぼえててくれて、がっつり這いつくばって遊んでくれた。俺も過去2回その子に名乗られてるので、今日は「歌音ちゃん」と親しげに呼んでみた。

革製バックパックに付いたネームタグから察するに、6年だと思う。そういえば嫁のお姉さまも医大の6年だが、嫁に似てBカップなので、ガキみたいだ。

その点、歌音ちゃんはスリムなわりに、おっぱいは立派にぷりっつーんと突き出てる。正面から見ると華奢だが、横から見ると・・・医大6年だとしたら歳相応な、もしガキだとしたらちょっと発育が生意気すぎな、コンパクトなロケット美乳が、とにかく眩しく、かつ扇情的にアピールしてくる。

息子は、過去2回と同様、歌音ちゃんの首元の布地を、思いっきり引きずり下ろす。このアクションのせいで過去2回とも、歌音ちゃんはブラモロしてしまった。

1回目は、白地コットンにピンクと黄色の細ボーダーがあり、リラックスしたクマ(および黄色い鳥)のキャラのイラストが描かれたスポブラだった。俺は何度もモロに見てしまったし、いまでもそのデザインを完全に思い出せる。しかも豪快にパンモロしまくり、上下おそろいデザインだったのがなんだか嬉かった。バックプリントが可愛いのだ・・・いま画像で見ても可愛い(検索すると見つかる)。

2回目は、スポブラもショーツも、眩しい純白だった。どちらにもちょっとしたフリル、小さな黒リボンのワンポイントがあって、たまらん。ショーツのバックには、模様も装飾もなく(ふちのフリル以外は)フラットな生地なので、左右おしりほっぺの膨らみや、中央しりワレ部分のぱーんとした布の張りがたまらない。

いま思い出しても、興奮冷めやらないどころか、脳と心臓と股間が焼け焦げそうだ。嫁を愛してるが、歌音ちゃんへの恋愛感情みたいなものもあって、胸が痛い。昨日も、当然、医大なのか知らんけど6年のオナゴがまとう布っきれが見たくて、一眼で息子をとりながら「何色かな、どんなのかな」とチラチラ見てた。

歌音ちゃんの服装は(部屋は暖かいのでコートとかは着てないわけだが)、グレーがかった水色のワンピで、生地はセーターっぽいというかタオルっぽいというか。さらさらした手触りで、すとーんとシンプルな、Tシャツが長くなったようなワンピだ。残念ながら、ワンピの丈は長めで、ひざ下にまで及んでる。

「パンチラは無理か」と思いきや、ブラチラより先に、パンモロが勃発した。丈が長くても、這いつくばったりあぐらかいたり寝転んだりして遊んでると、結局めくれあがって、ショーツ底面の両サイドにできる空間まで丸見えだった。白地コットンにパステルオレンジと黄色のチェック、へそ下にはレースの白リボン。

息子は歌音ちゃんのあぐらの前で、寝転んでる。部屋には他に、誰もいない。俺は、おもむろに一眼を向け、「とってもいい?」と一声かけてバシバシバシバシ。ムスコは興奮のあまりガッチガチになり、俺はさすがに立ち上がれなかった。

ブラより先にショーツが見えたのは初めてだった。正直、ブラ見た上で「ショーツもおそろいかな」とワクワクするほうが、楽しい気がする。まぁでも、せっかくだからブラ見えるといいなとは思ってた。

ところが結論から言うと、ブラ見たいとの願いは叶わなかった。

ワンピの下は、ショーツとおそろいの、キャミだったのだ・・・つまりノーブラ。そのキャミが、だるだるガバガバで、宝を隠す気ゼロだったのだ。いや、目を疑ったが、何度見ても、いま振り返っても、とにかくオープンだったのだ。

左右のロケットは、とにかく美しい質感、やわらかそうな肉感、これ見よがし。先っぽには、鮮やかな薄ピンクの“吸い口”がついてる。それに誘惑された俺は、いつのまにか舌をだらしなく晒してて、手はムスコを撫でてた。

90分後「また遊ぼうねー」と挨拶を交わし、俺と息子と歌音ちゃんは公民館を後にした。

マイスターオリジナル vol.321 マイスターオリジナル vol.329 マイスターオリジナル vol.319 マイスターオリジナル vol.330 マイスターオリジナル vol.333 マイスターオリジナル vol.334

コメントを残す